肩甲骨の痛み解消.com » 鍼灸とは

鍼灸とは

鍼灸院とは、どのような治療が行われているか、みなさんご存知でしょうか。まず鍼灸について説明したいと思います。鍼灸(英語でAcupuncture and Moxibustion)とは、身体に対して、鍼や灸を用いることで刺激を与えます。

その刺激による、多くの疾病への治療的な介入や健康増進が可能となる医療技術です。日本においては、「医師」の免許を持つもののほかに、「はり師」、「きゆう師」と呼ばれる者がこれを行えると定められています。

この発祥は戦国から後漢(B.C.5世紀~A.D.3世紀)にかけての中国であると考えられています。その実態は、先に挙げた身体に加えられる様々な物理的な刺激に起因する治療効果の経験則を数世紀にわたって集積したものです。

これら技術的な情報を元として構築された技法が、今日の「鍼灸」となっているのです。そして、これらの技法を駆使して治療にあたっているのが、鍼灸院なのです。

現在、鍼灸の技術を用いての治療が行える資格としては、先に挙げた、「医師」、「はり師」、「きゆう師」の3種類なのですが、現段階では鍼灸の科目を置く医師の学校が少ないため、どちらかと言うと「はり師」、「きゆう師」によって治療が行われている場合が多いです。

WHO(世界保健機関)において、鍼灸療法による有効性が認められた病気には、神経系疾患、運動系疾患、循環系疾患、呼吸器系疾患、消化器系疾患、代謝内分泌系疾患、生殖、泌尿器系疾患、婦人科系疾患、耳鼻咽喉科系疾患、眼科系疾患、小児科疾患、があります。

その数の多さに驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。鍼灸など、せいぜい民間療法で、体の調子が良くなる程度のものだと思われがちですが、実はこんなにも多種多様な症状に効果があるのです。

また、神経痛やリウマチ、腰痛、頚椎ヘルニアなどの症状には健康保険の適用が認められているなど、確実に、治療行為として認められているのです。