肩甲骨の痛み解消.com » ブロック注射と首の症状

ブロック注射と首の症状

頚椎ヘルニアによる頭痛、寝違え、むち打ちなどでブロック注射を打つ方は多くいらっしゃいます。頚椎ヘルニアでは神経ブロックがよく用いられますが、痛みを抑えるために麻酔を打ってからブロックしますし、外来で済んでしまいますので、気軽に受けることができるというイメージが強いようです。


また、首の神経に針を挿入しますので麻酔は必須と考える方が多いですが、これは一時的なものです。神経症状が出ますので1回のブロック注射ではなかなか効かないことも多くあります。

このような時には一ヶ月程度打ち続けることが多く、そのうちに痛みも取れてきます。またブロック注射が効かない間は鎮痛剤などを併用するケースもあります。

また寝違えの場合は、一般的なものは頚椎が2箇所程度ずれているのがほとんどです。つまりこのズレを矯正してしまえば痛みも無くなり、首の可動域も回復します。

身体が疲れすぎているとよく寝違えは起こります。身体が強張っている状態ですので、よく使う場所、負担をかけやすい場所は特に要注意です。

また寝る前に物をよく食べないと寝られない、という場合も内臓が寝ている間に活動しますので、その分硬さが増してきます。

またこのような症状に対するブロック注射は、神経の圧迫による痛みを緩和させるものです。つまり対症療法の1つで、根本治療ではありません。

効果があっても、ブロック注射を打ち続けることも大切ですが、手術やリハビリなどに重点を置いて治療方針を固めていくことも大切です。

また頚椎ヘルニアにブロック注射をした場合、出血や感染、アレルギーなどの障害が起こることもあります。薬剤の治療と比較すれば副作用は大分少なくなりますが、やはり安心して安静にするばかり、という状態ではそこから前に進むことができません。

またヘルニアは自然消失すると言われます、再発しないような治療をするのが理想です。そのためにはやはり痛みが多少あってもリハビリを多用するのが先決です。