肩甲骨の痛み解消.com » 運動で治療する

変形性膝関節症

運動で治療する

変形性膝関節症は全国でおよそ700万人の患者がいる誰にでも起こり得る病気です。その症状である膝の痛みは辛いもので、悪化すれば日常生活を送ることが困難になってしまいます。

変形性膝関節症の治療は重症の場合は外科手術により膝関節の一部を人工物に置き換えなければなりません。手術すると合併症や膝の動きに制限が設けられる場合が多いので、症状が進行していないうちに保存療法で治療していきましょう。

保存療法は様々な治療法を平行して行うことで改善させていく方法で、その中でも代表的なのが運動療法です。

膝が痛いのに運動しなければならないのかとお思いの方は多いのではないかと思いますが、これが膝の治療と変形性膝関節症再発の防止に非常に大きく貢献してくれます。

それに運動といっても激しいものではなく体操やストレッチ、筋力トレーニングといった軽いものを行っていくことになります。

そういったことを毎日行っていくことで少しずつ筋肉が付いていき自己代謝が活発になっていきます。そうすると歩くことで掛かる膝関節への負荷を筋肉で分散させることができたり、膝の動きを筋肉によって制御できるようになるのです。

この際に注意しなければならないのは自分の体の状態を考えてメニューを決めておくと言うことです。運動は多くすればするほど筋肉を鍛えることが出来ますが、その分身体に掛かる負荷も大きくなっていきます。

過度なやり方を繰り返して身体を鍛えるつもりが逆に身体を壊すことに繋がってしまってはせっかくの運動も無駄になってしまいます。メニューを考える時は理学療法士などの専門家の意見を聞くのが一番です。

膝に痛みが出たからと独学で行う前に一度病院に行って検査してもらいましょう。正しい診断を受けて正しいメニューを知ることで確実に変形性膝関節症を直していくことができます。