肩甲骨の痛み解消.com » 腰痛の保存療法

腰痛の保存療法

腰痛の治療法は一般的に言われているのが、保存療法と言われるものがあります。保存療法とは簡単に言うと体の負担が少ない治療法、手術を行わない治療法の事を言います。

腰痛持ちの人達の中では大体7~8割が、この保存療法によって改善されるようです。保存療法のメリットとして、身体的負担が少ない事、長時間拘束されないで済む事等が挙げられ、大体が幾つかの保存療法を組み合わせて治療を行います。

保存療法の例えとして薬物療法、装具療法、ブロック注射、理学療法があります。薬物療法、装具療法、ブロック注射は大体想像がつきますが、理学療法とは具体的にどういったものを言うのでしょうか。

腰痛の理学療法も二つに分かれていて、運動療法と物理療法があるそうです。運動療法は、基本的な動作能力を改善する為に、運動や体操をしながら治療していく方法で、物理療法は、電流やマッサージ等の物理的な手段を加える事で治療していく方法を言います。

そういった腰痛の治療法にも全く効果が見られない、となった時に手術と言う最終手段があります。先ほども言ったように、手術も絶対完治すると言う保証がないので、よくよく考えた上で踏み切って欲しいと思います。