肩甲骨の痛み解消.com » 足の臭いについて

足の臭いについて

フットケアといえば、ウオノメ、タコ、そして巻き爪や肥厚爪などのネイル関係が主な悩みですが、足の臭いが気になるという方も少なくありません。特にキャリアを重ねている女性にとっては、夏場のオフィスでさえも気になる場所です。

この原因としては、通気性の悪さがあります。このことは靴を履くことで冗長されますので、靴やストッキングのケアが必要です。またもちろん清潔を保つことも大切です。

その他には、あまり知られていないこととして、角質も臭いに関係していると言われています。足の表皮に棲む表皮ブドウ球菌、コリネバクテリウムなどの細菌、そしてバクテリアなどが、古い角質をエサとして、繁殖します。特に蒸れてしまった場合は、多いほど臭いに影響します。

まずはエサとなってしまう角質をできるだけ減らすことが大切です。また、よく用いられているのが、やすりなどで削り取る方法です。昔から用いられてきた軽石も同じものです。

その場で取り除くことができますが、無理をしてどんどんこすってしまう、という例がほとんどです。特に家でのフットケア教育、自宅のお風呂場などでの角質削りは荒々しくなりがちです。

削ってはいけない表面まで傷つけてしまうのですから、その後はもっとガサガサがひどくなり、乾燥が強まればひび割れにも影響します。臭いの元である角質をまたどんどん増やしてしまう、これ以上の悪循環はないとも言えます。

またフットケアの専門サロンで削ってもらうようにすると効果的です。フットケアのプロの施術ですので、それ以上悪化させないような上手な、あるいは大胆な施術を受けることができます。表面を滑らかにするためのフットケアももちろん施術してくれます。

フットケアでは足指も大切です。爪が伸びて皮膚との間に雑菌が忍び込んでいたり、指同士が始終ぶつかって皮膚に炎症を起こしているという例も多いようです。

指のケア、そして角質のケアをすれば、対策としてはほぼ満足いくものであると言えます。