肩甲骨の痛み解消.com » 頚椎ヘルニアの運動

頚椎ヘルニアの運動

頚椎ヘルニアに限らず椎間板ヘルニアなどの予防にもなるのが体を鍛えること、つまり運動です。体力をつけることにより負担のかかりにくい強い身体を作り上げ、頚椎ヘルニアを予防することが出来ます。

運動というと苦手意識を持つ人も少なくないでしょうが、毎日のウォーキングやスーパーと家の往復、一駅分だけ歩いて通勤するなど日常生活の中に簡単に織り込むことができる方法でも十分に効果があります。

逆に激しい運動は体への負担を与えることもあるので慣れないスポーツを始める必要はなく、もしスポーツを何か行うのであれば、水泳などが効果的とされています。水の中で行うものは浮力が発生するため体への負担が少ないのですが、同時にカロリーの消費量なども多いためダイエット効果にも繋がります。

時間がない人は普段の生活に織り込み、時間があるためスポーツを始めるという人は水泳などの体への負担が少ないものをお勧めします。

日常から運動を行うことで基礎体力を高め、脂肪燃焼に使用される新陳代謝の機能を高める効果があります。体力をつけるために必要なことですが、それと同時に行うとより頚椎ヘルニアの予防として役立つのがストレッチや筋肉トレーニングでしょう。

ストレッチも筋肉トレーニングも本格的なものではなく、簡単に筋を伸ばす程度のものや体に負担をかけない程度のもので十分に頚椎ヘルニアの予防に繋がります。

お風呂上りなどに軽く体の筋を伸ばすことで筋肉の緊張を解し負担のかかりにくい状態へとすることができ、筋肉トレーニングにより筋肉の収縮性を鍛えることで頚椎ヘルニアになり難い体を作り上げることができます。

頚椎ヘルニアの予防として必要なストレッチや筋肉トレーニングを行う際に大事なのはしっかりと呼吸をしながらゆっくりと行うことです。出来るだけ呼吸法を意識してリラックス状態を保つことが一番効果的でしょう。リハビリとしても良いとされていますが、注意点としては決して慌てずにゆっくり自分のペースでやるということです。