肩甲骨の痛み解消.com » 外壁塗装と福島県

外壁塗装と福島県

福島県では、東北大震災による爪あとが長く残り、まだ多くの住宅がその修繕対策を迫られている状態です。外壁には通常では考えられないような大きなヒビ、亀裂などが発生しています。

また民間の外壁塗装業者でも、住宅全般の修繕を取り扱い始めるところが増え、スポットとして専用の窓口を用意しているところもあります。

節電対策として効果の高い塗料を用いるところも増えています。外壁塗装だけで節電ができるということで、特に夏や冬になる前に早めに準備したいという所有者のために、色々な外壁塗装情報が出回っています。

ガイナという塗料は、ロケット開発の技術を応用して開発された最先端の塗料です。これは、特殊なセラミックを塗料化したもので、建物の天井や内壁に塗れば、従来の熱エネルギーの60パーセントを内側に閉じ込めることができます。

また、これを外壁塗装に使用すれば、太陽光線によって発生する内部の暑さを9割程度軽減することができます。

また耐久性についても、特殊なセラミックとアクリルシリコン樹脂を混合することで一般の塗料の3倍は長持ちするといわれています。

その他には、防音や防露、消臭や防菌にも効果があります。ガイナを使用すれば、夏の冷房費を約70パーセントも軽減できるそうです。

福島の外壁塗装事情はこのように地震によって大きく変化していますが、外壁塗装業者を選ぶ際のポイントはまずしっかりと一般的なことがらをチェックするのが大切です。

あまりにも安価な取引をする外壁塗装業者は手抜きが多いと言えますし、できれば地元で長く営業している外壁塗装会社を選ぶとそれだけ信頼感も厚くなります。

また、費用をあまり高くしないように、自社施工と自社職人を抱えている会社を選ぶことも大切です。

外壁塗装技術などにかんするある程度の知識を身につけて置くと、選択にも幅が出てきますし、ある程度余裕を持って選別していけるようになります。

見積もりは必ず数社から取って、その内容を含め、きちんと説明をしてもらえる相手を選ぶのも大切です。