肩甲骨の痛み解消.com » 鍼灸で花粉症を改善

鍼灸で花粉症を改善

耳鼻科や眼科で治療を受けている方が多い花粉症は、現代人にとってとてもいやな症状を起こします。花粉症は健康に大切な抵抗力が低下して起こるアレルギー症状です。体力の低下によってバリアーが不足すると、花粉症にかかってしまう可能性がかなり高まります。

また花粉症は鍼灸でも治療が可能です。ツボ療法により、鼻や目、額などのツボを刺激し、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの諸症状を緩和させることができます。

鼻づまりや目のかゆみには、印堂のツボが効果的です。眉と眉の真ん中にある簡単なツボですが、親指の腹を押し当てて小さく円を描くように揉みます。

また迎香も鼻づまりに効果があります。小鼻の横側にあるツボです。東洋医学、鍼灸では、花粉症の原因は患者の体質が大きく影響していると考えます。

花粉症ではありませんが、アレルギー性鼻炎は古くからある疾患の1つです。体質を改善することで症状も軽減されますし、免疫力も高まります。

症状を抑え、またかからないように体質の改善もできるのが、鍼灸治療の大きなメリットです。毎年花粉が飛ぶちょっと前ぐらいに耳鼻科で治療を受ける方が多くいらっしゃいますが、鍼灸ではずっと継続させることでより大きな効果が期待できます。

耳鼻科でも根本治療はかなり難しい病気ですので、やはり長丁場と考えてじっくりと治していくことが大切です。

花粉症予防としては、疲れをできるだけ溜めないことが大切です。副交感神経が活動を活発にすると、ヒスタミンが放出されやすくなって、花粉症の症状が出やすくなります。

またストレスの軽減、バランスのよい食生活の維持も大切です。またキムチやカレーなどの刺激物を摂る女性が増えていますが、辛いものやアルコール、タバコなどの刺激物は要注意です。

タバコは花や眼の粘膜を直接刺激してしまいますので、やはり禁煙がもっとも高い効果を示します。毎年の症状を鍼灸で抑える、そうそう単純ではありませんが、試す価値は大いにあります。