肩甲骨の痛み解消.com » 五十肩の原因

四十肩・五十肩

五十肩の原因

五十肩とよく言うが、単なる加齢による肩の老化現象ではないのか、でなければ一体原因は何なのか、と疑問に思われる方は多いようです。

しかし五十肩の要因は、現在のところまだ解明されていないままです。昔は40代で発症するケースが多かったため、四十肩と呼ばれていましたが、老化が早く来た兆候であるとか、現代病の一種であるからそのうち治まるだけ、という意見も多かったようです。

肩凝りの場合は、肩の筋肉の疲労が主な原因となって起こります。またこの疲労についてはいろいろで、デスクワークのしすぎでもあれば、ストレスが肩にきたケース、などが主ですが、五十肩の場合もこのような方がなりやすいといわれています。

また、運動不足で肩や背中の筋肉が著しく衰えていたり、二の腕の筋肉がたるんでいる方にも多い症状ですが、逆にスポーツをしている方の間にも広まっています。

寝るときの姿勢も悪さも影響しているのではないかと言われますが、他には身に覚えがないという方も多くいらっしゃいます。打撲や捻挫なども引き金になりやすく、特に肩関節を直接打撲したりした場合は、充分なケアが必要です。

このようにはっきりしていない五十肩ですが、現代病として捉えれば、ストレスや過労などがあてはまります。

心配性になってしまったり、姿勢の悪いままテレビを見たり、ゲームをしたりということが長引けば、それだけ五十肩の可能性も高くなってくると言えます。 またこれらの現代生活習慣は腰や膝の病気にもなりやすい傾向があります。五十肩とヘルニアを持っている、という方も少なくありません。

五十肩は原因がはっきりつかめないにしても、治療方法は多岐に渡ります。それぞれの患者さんごとにマッチした治療法を選択するためには、まず病院でしっかりと検査を受けて、その後色々な方法を試行してみることが必要ですが、最も大事なのはそれぞれに生活習慣や仕事内容を見つめていき、原因となるようなことがらをリストアップすることだと思います。